楽園主義の到来は間近。新たなバイオニクス義肢。弥勒菩薩ラエルは楽園主義が来る事を預言。

ヒュー・ハーは次世代のバイオニック義肢、自然にあるデザインをヒントに作られたロボ­ティクスを駆使した義肢を作っています。ハーは30年前、両足を登山中の事故により失­いました。現在MITメディアラボのバイオメカトロニクスグループを率いる彼は、専門­的で深く個人的な話の中で、驚くべきテクノロジーを紹介しています。­2013年のボストンマラソン爆破事件で左脚を失った社交ダンサーのエイドリアン・ハ­スレット=デービスが、この話のために、事故後初めてのダンスをTEDステージで­披露します。

これが楽園主義の始まりです。

科学を人間の幸せのために100%使う、それが楽園主義なのです。

科学を戦争に利用するのではなく、個人の身勝手な強欲のために使うのではなく、地球上の他の人達の幸せのために使うのです。

そのために研究をして、科学技術を開発し、応用し、駆使していけば、楽園主義の時代はすぐに訪れると思います。

 

 

 

MakeParadism〜
弥勒菩薩ラエル提案の楽園主義を実現しよう!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中