最先端の科学技術〜弥勒菩薩ラエルは楽園主義の到来を預言

2016/04/24 追記したよ(GO

私達の科学は目覚ましい速度で進歩しています。

最近のニュースなどを読むと、あと10年もしたら殆どの仕事がなくなってしまうという予測に関するニュースがあったりしますね。

例えば、こんなニュースなど・・・

日本の労働人口の49%、人工知能・ロボットで代替可能に 10~20年後 NRI試算

URL:http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1512/02/news111.html

 野村総研は12月2日、10~20年後に国内労働人口の49%に当たる職業について、人工知能やロボットで代替される可能性が高いという推計を発表した。

独立行政法人・労働政策研究・研修機構の「職務構造に関する研究」が分類した601種類の職業について定量分析データを使って分析した結果をまとめた。

l_sk_nri_01

人工知能やロボットで代替される可能性が高いのは製造や販売などの現場作業が多く、可能性が低いのはクリエイターや研究者、医者や保育士などだった。必ずしも特別な知識・スキルが求められない職業や、データの分析や秩序的・体系的操作が求められる職業は代替可能性が高い傾向にある一方、抽象的な概念の知識や他者の理解、交渉などが必要な職業は代替が難しい傾向にあるという。

 

「私達がしなくてはいけない仕事の大半がコンピュータや人工知能、ロボットによりなされるようになると、私たちは一体、何をしていけば良いのでしょうか?」と、思う人は大勢いるかも知れません。

しかし、仕事をしなくては良くなるというのは、自分たちがこれまでしてきた生産活動が人工知能・ロボットなどにより行われる事で、自分達の衣食住はこれまでよりも便利になり、食べるものや住む場所も全ての人達がもてて、そして、なおかつ、自分たちの余暇は1日の全てがつかえるようになると考えれば、それは、もう楽園のような社会なのではないかと思いますね。

そのような日が来るのを考えて、今の科学の進歩を見ていくととても面白いですね。

 

最先端の科学技術

光屈折レンズによる物体隠蔽技術

tumblr_o2g3o1NgIB1sp3aqeo1_500

This cloaking device uses a combination of four standard lenses to hide objects from the view. The lenses are adjusted in such a way that light around the object is bent, leaving only the undistorted background behind it.

Credit: University of Rochester

このクローキング装置(物体を見えなくする技術を利用した装置)は視界から物体を隠すために4つの標準的レンズを組み合わせたものを使っています。このレンズは、物体の周りの光が曲げられるように調整されており、そのために、その後ろにある背景だけをが歪めずにそのまま見えさせています。

血液の新浄化技術

12717439_776475722484688_6424808233076146338_n

この人工的脾臓は血液を浄化して、体内から感染症を取り除くために開発されました。この装置は磁気を帯びた粒子を使って血液をろ過し、毒素やバクテリアを取り除きます。捕えられた毒素と病原菌は磁石を使って取り除かれ、綺麗になった血液が体内に戻されるのです。

 宇宙の世界

12669514_776381412494119_4292730596162451080_n

“Our solar system is fantastically bizarre. There are worlds with features we never imagined. Storms larger than planets, moons with under-surface oceans, lakes of methane, worldlets that swap places… and that’s just at Saturn.”

— Phil Plait

「私達の太陽系は驚くほど奇抜です。私達の想像を絶するような形態の存在する世界があるのです。惑星よりも巨大な嵐や、地下に海が存在する月、メタンガスの湖、場所を飲み込んでしまうような小さい世界、そして、これらは単に土星に存在しているものであり、その他にももっと無数の世界があります。」

–フィル・プレイト

Detachable cabin invented to save lives during plane crashes

飛行機の墜落事故時に人命救助の為に、切り離し可能なキャビンが開発される

飛行機が故障を起こしたり、ハイジャックに襲われ墜落しそうになったり、他国にミサイルで撃墜された時など、切り離し可能なキャビンで乗客を助ける事が可能になります。

URL:http://www.independent.co.uk/travel/detachable-cabin-invented-to-save-lives-during-plane-crashes-a6814311.html

 

Medical Science : It Works
医療科学:あらゆることが実現可能に

ヽ(^。^)ノ

2016/04/24 追加▼

Nanowire-Based Battery

ナノワイヤーを基盤としたバッテリー

スクリーンショット 2016-04-24 21.40.59.png

この小さな装置はナノワイヤーを基盤としたバッテリーの素材で、それは数十万回も充電することが出来て、この技術により私たちはもうすぐ取替る必要がなくなるバッテリーへと近づいていくのです。そして、それはコンピュータやスマートフォン、その他の機器、そして、車や宇宙船などでより長い寿命をもつ商業用バッテリーへと繋がるでしょう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中