仕事がない世界がやつてくる!弥勒菩薩ラエルは楽園主義システムと呼ぶ

2016年3月15日(火)放送

“仕事がない世界”がやってくる!?

sunset-beach-1149800_640

20年以内に、日本の労働人口の49%の仕事が、機械に置き換えられる!?(シンクタンク試算)。人工知能やロボットによって、従来の仕事がなくなる懸念 が世界的に高まっている。ITを通じてホテルの代わりに一般住宅に泊まれる“民泊”や、一般ドライバーと移動したい人とを結ぶ配車サービスはもはや当たり 前。新たな仲介サービスの台頭で、アメリカではタクシー会社などが倒産。職を失った人たちが定職に就けず、日雇い生活に陥る事態も起きている。こうした事 態にどう対応すればいいのか。欧米では、様々な取り組みが始まっている。スウェーデンの福祉施設では、限られた仕事を賃金を落とさずにシェアする試みを開 始。アメリカやスイスでは、全ての国民に毎月一定額を支給する最低生活保障(ベーシックインカム)の導入の検討が始まっている。“働かざる者食うべから ず”といった常識が通用しなくなるかもしれない社会で、私たちはどう生きていくのか。最前線のルポから考える。

ブロガー:

私はこの番組観てないんですが、確かにいろんな科学者達が近い将来人類が仕事がない社会に入ると予測しています。それは遠い先の話ではなく、1930年前後になりそうです。

人類の科学技術が発達すると、今人間がしているほとんどの仕事をスーパーコンピュータ・ロボットなどが代わりにしてくれるようになるんです。

例えば、このような記事もあります・・・

人間の手に残る仕事…「職人の技術に」まで進出を始めた機械

ロボットや機械がわれわれの仕事を奪う時代に突入する。そういった中で機械に奪われない仕事は?

1)ロボットによる代替が難しい仕事
 ラーメン職人、パン職人、陶芸家、作家など

2)自動化のニーズがない仕事
 冒険家、力士、アナウンサー、経営者、グラビアアイドルなど

3)機械化社会の維持に必要な仕事
 コンピューター技術者、研究者、ロボット技術者など

4)ロボットにはやって欲しくない仕事
 美容師・理容師、医師、看護師、俳優、キャビンアテンダントなど

機械化される可能性が低く、日本人に有利な仕事に現在ついていれば問題ありません。ただ、そのような仕事は非常に少ないです。つまり、多くの人が仕事において大きな変化に遭遇する可能性が高いと考えられます。もしくは、すでに遭遇しているかもしれません

URL:他人ごとではない…自分の仕事がなくなる未来

すると、ほとんどの人達が失業してしまうことになります。

今までの常識では、人は働かないとお金を稼げないし、働かない人は怠けている人で、おかしいと言うものでした。しかし、今後はほとんどの人達が失業してしまうようになり、それとは逆に、科学技術は発達していき、いろんなことが可能になり、食料は簡単に遺伝子工学で作れるようになり、農家などは必要なくなり、衣類や建物は全てコンピュータとロボットにより作られる、物資の運送は全て無人トラックやロボットなどがやり、人は必要なくなる。

レストランなどは全て無人になり、調理師はいらなくなる。

いろんな事がコンピュータとロボットにより実現ができるようになり、そのメンテナンスで限られた人達が短時間仕事をしなくてはいけない以外は、地球上の人達のほぼ全てが働けなくなるんです。

すると、全ての人達が仕事をしなくとも衣食住があり幸せに暮らせるような環境を最先端の科学技術で実現せざるを得なくなる。

そういう社会に変えていかないと、多くの貧困者が出てくるでしょう。1%のエリート層だけが富を所有出来るような不平等な社会は廃止しなくてはいけません。

楽園主義の社会を実現する時が来ました。

MakeParadism〜
弥勒菩薩ラエル提案の楽園主義を実現しよう!
弥勒菩薩ラエルの教えと共に

広告

人類が自己破滅する危険性は99.5%と預言者ラエルは言う

「スーパー人工知能」の出現に備えよ

-オックスフォード大学ボストロム教授

It Could Wipe Us Out If We’re Not Careful

AI倫理の第一人者が情報・インターネット分野の研究者たちに放った警告

display-dummy-915120_1920s

 サンフランシスコで開かれた世界的なRSA情報セキュリティカンファレンスは、情報とインターネットのトップ研究者が一堂にする夢のような空間だ。だがもし、25年後には人間がインターネットの管理者としての資格を失っていたとしたらどうだろう?

 オックスフォード大学の哲学教授で「人類の未来研究所(Future of Humanity Insutitute)」の創設者であるニック・ボストロムは基調講演で、人工知能(AI)を人間と同じくらい賢くしようとするあまり、その潜在的な危険 性を忘れてはならない、と警告した。

「その時、AIは人間にとってもはや好奇心をそそる玩具ではなくなる」と、ボストロムは言う。「それは、人類にとって最悪の発明になる」

「無限の素質」を備えた存在が

 ボストロムはAIについて3つの予測をした。1)2050年までには、AIが人間と同じ知性を持つ可能性は非常に高い。2)人 間のコントロールが及ばない超知能(スーパーインテリジェント)マシンが台頭する可能性もある。3)この超知能は、技術の力で宇宙を征服するほど、あるい は人類を絶滅させられるほどの「無限の素質」をもつかもしれない。

「無限の素質」などというとニューエイジ的に聞こえるが、ボストロムはAIに関する哲学と倫理の第一人者だ。彼のAIに対する警戒心は、電気自動車のテスラ・モーターズを創業したイーロン・マスクをはじめ、多くのシリコンバレーの天才たちにも支持されている。

 ボストロムはAI研究者たちの熱気を喜ばしく思うと同時に恐れている。例えば、グーグルの人工知能がサイケデリックな「夢」を見た、という「進化」などは、ボストロムを落ち着かなくさせる。

 ボストロムはこの状況を、ギリシャ神話のミダス王の物語に重ね合わせる。ミダス王は、手に触れるものすべてが黄金に変わる魔法 を神から授かったが、食べるものまでが黄金になって飢えてしまう。「我々も、扱いきれない夢の実現を求めているのではないか」とボストロムは言う。

 ボストロムがAIの専門家を対象に行ったアンケート結果によると、2040~2050年の間に人間レベルのAIができる確率は 50%と、大半が回答した。「絶滅リスク」を減らす時間はまだ数十年ある。まず備えを固めよう、とボストロムは言う。「我々が生きている間に知性をもつ機 械が表れるというのは、今や主流の考えになったのだから」 

引用元:http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2016/03/post-4643.php

AIが人間の頭脳を超えてしまう時がくると警告しているのですが、例えば、ラエルという人が書かれた本「地球人は科学的に創造された」という本がありますが、この本の中には、ラエルが宇宙人エロヒムに遭遇し、彼らの惑星にUFOで連れていかれた時のことが書かれています。

スクリーンショット 2016-03-07 20.52.42

彼らの惑星では、ヒューマノイドロボットが沢山いて、このロボット達が人間の代わりにいろんな作業をしていて、人間に奉仕しているようです。

そのロボット達は人間と同じ皮膚・血液・臓器からできていますが、彼らの遺伝子は人間に奉仕する事だけプログラミングされているのです。だから、人間に対して攻撃的なことや危険なことはしません。

また、人類のスーパーコンピュータよりも発達したエロヒムのコンピュータは、エロヒムの惑星の人々が仕事をしなくても平和に暮らせるように自動化され機能しており、人々は毎日を好きな事をしたり自分自身の精神性を高めるために瞑想したり、また、全ての人達が衣食住も十分にあり暮らしています。ホームレスなどは皆無で、全ての人達に家が有るのです。

彼らの科学技術は人間よりも遥かに優れており、年数にすると25000年も私達の科学技術よりも進んでいるらしいです。彼らはとっくの昔(25000年以上前)に科学的特異点を突破しており、彼らの科学技術では全ての事が解明されており、光のスピードを何倍もの速さ(?なんばいか詳しく覚えておりませんが)で宇宙を飛行出来るのです。彼らは惑星の軌道を簡単に変えたり、地球よりも大きい巨大な宇宙船も簡単につくれて操作出来るのです。

その彼らが言うには、太陽系を出る事が可能になるエネルギー源(核エネルギー)を開発出来た時に、脳内の攻撃性を克服出来ない人間は太陽系を脱出する前に、戦争で自己破滅してしまうと説明しており、自分たちの太陽系を出て他の太陽系を訪れる宇宙人達は例外なく平和的で友愛に満ちた人達であると説明しています。

彼らは明らかに、自分たちの科学技術と人工知能を完全にコントロール出来る科学技術と精神性を持っていると考えて良いです。

このことからも、上の記事の科学者が警告することは心配無用であるといえます。

ただ、唯一の懸念点としては、人類の攻撃性があまりにも高すぎて、戦争をやめるところを知らず、このままいけば、人類が自己破滅してしまうことも十分ありうることです。

エロヒムの預言者であるラエルの最近の説明によると、人類が自己破滅する危険性は99.5%に達しており、言いかえると、人類が生き残れる可能性はたったの0.5%しかないということなのです。非常に高い確率で、貴方も、貴方の兄弟姉妹も、貴方の友人も、家族も、知人も、会社の同僚も、同じ国に住んでいる全ての人達、そして、地球上の全人類が一人残らず、ほぼ間違いなく、地球上から消えてなくなる可能性が99.5%有るといえばわかってもらえるでしょうか?

人間が科学技術を平和な手段として人々の幸せのために利用できなければ、心配せずとも自己破滅してこの地球上からいなくなってしまうのですから、此の科学者は取り越し苦労をしていると言うことではないでしょうか?彼は、人類が技術的特異点に人類が到達するまで生き延びるというのを信じているのですから。

それよりも、今の私達の権力に食いつくされた政府経済の構造と、戦争により利益を吸い取る軍需産業ベースの経済・政府のあり方をどうにかしなくてはいけないです。将来私達が到達するAI(Artificial Intelligence)は全く危険ではなく、それよりも、今の私達の社会を支配している1%の人達のほうが危険極まりないのだということに気が付かなくてはいけません。