仕事がない世界がやつてくる!弥勒菩薩ラエルは楽園主義システムと呼ぶ

2016年3月15日(火)放送

“仕事がない世界”がやってくる!?

sunset-beach-1149800_640

20年以内に、日本の労働人口の49%の仕事が、機械に置き換えられる!?(シンクタンク試算)。人工知能やロボットによって、従来の仕事がなくなる懸念 が世界的に高まっている。ITを通じてホテルの代わりに一般住宅に泊まれる“民泊”や、一般ドライバーと移動したい人とを結ぶ配車サービスはもはや当たり 前。新たな仲介サービスの台頭で、アメリカではタクシー会社などが倒産。職を失った人たちが定職に就けず、日雇い生活に陥る事態も起きている。こうした事 態にどう対応すればいいのか。欧米では、様々な取り組みが始まっている。スウェーデンの福祉施設では、限られた仕事を賃金を落とさずにシェアする試みを開 始。アメリカやスイスでは、全ての国民に毎月一定額を支給する最低生活保障(ベーシックインカム)の導入の検討が始まっている。“働かざる者食うべから ず”といった常識が通用しなくなるかもしれない社会で、私たちはどう生きていくのか。最前線のルポから考える。

ブロガー:

私はこの番組観てないんですが、確かにいろんな科学者達が近い将来人類が仕事がない社会に入ると予測しています。それは遠い先の話ではなく、1930年前後になりそうです。

人類の科学技術が発達すると、今人間がしているほとんどの仕事をスーパーコンピュータ・ロボットなどが代わりにしてくれるようになるんです。

例えば、このような記事もあります・・・

人間の手に残る仕事…「職人の技術に」まで進出を始めた機械

ロボットや機械がわれわれの仕事を奪う時代に突入する。そういった中で機械に奪われない仕事は?

1)ロボットによる代替が難しい仕事
 ラーメン職人、パン職人、陶芸家、作家など

2)自動化のニーズがない仕事
 冒険家、力士、アナウンサー、経営者、グラビアアイドルなど

3)機械化社会の維持に必要な仕事
 コンピューター技術者、研究者、ロボット技術者など

4)ロボットにはやって欲しくない仕事
 美容師・理容師、医師、看護師、俳優、キャビンアテンダントなど

機械化される可能性が低く、日本人に有利な仕事に現在ついていれば問題ありません。ただ、そのような仕事は非常に少ないです。つまり、多くの人が仕事において大きな変化に遭遇する可能性が高いと考えられます。もしくは、すでに遭遇しているかもしれません

URL:他人ごとではない…自分の仕事がなくなる未来

すると、ほとんどの人達が失業してしまうことになります。

今までの常識では、人は働かないとお金を稼げないし、働かない人は怠けている人で、おかしいと言うものでした。しかし、今後はほとんどの人達が失業してしまうようになり、それとは逆に、科学技術は発達していき、いろんなことが可能になり、食料は簡単に遺伝子工学で作れるようになり、農家などは必要なくなり、衣類や建物は全てコンピュータとロボットにより作られる、物資の運送は全て無人トラックやロボットなどがやり、人は必要なくなる。

レストランなどは全て無人になり、調理師はいらなくなる。

いろんな事がコンピュータとロボットにより実現ができるようになり、そのメンテナンスで限られた人達が短時間仕事をしなくてはいけない以外は、地球上の人達のほぼ全てが働けなくなるんです。

すると、全ての人達が仕事をしなくとも衣食住があり幸せに暮らせるような環境を最先端の科学技術で実現せざるを得なくなる。

そういう社会に変えていかないと、多くの貧困者が出てくるでしょう。1%のエリート層だけが富を所有出来るような不平等な社会は廃止しなくてはいけません。

楽園主義の社会を実現する時が来ました。

MakeParadism〜
弥勒菩薩ラエル提案の楽園主義を実現しよう!
弥勒菩薩ラエルの教えと共に

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中