人ゲノムをゼロから創造する企画スタート!弥勒菩薩ラエルは人はエロヒムにより科学的に創造されたと言う

Scientists reveal proposal to build human genome from scratch
人ゲノムをゼロから作る企画案を科学者たちが明かす

http://www.sciencemag.org/news/2016/06/scientists-reveal-proposal-build-human-genome-scratch

By Kelly Servick
Jun. 2, 2016 , 2:00 PM

chromosomes

Last year, researchers working to synthesize the genome of a strain of yeast began to eye a much bigger prize: assembling from scratch the 3 billion base pairs of DNA that drive a human cell. The idea caught the attention of other prominent scientists, and inspired a proposal published online in Science today. The so-called Human Genome Project–Write (HGP-write) aims to synthesize entire genomes—of humans and other species—from their chemical components, and get them to function in living cells.
去年、一本の酵母株のゲノムを合成することに取り組んでいた科学者たちが、人の細胞を機能させるDNAを構成する30億の塩基対をゼロから組み立てる事に注目しました。このアイデアは他の優れた科学者達の注目を集め、今日、サイエンスにオンラインで投稿された提案を呼び起こしました。所謂ヒューマン・ゲノム・プロジェクト・ライト(人のゲノムを合成するプロジェクト、以下HGPライトと略す)は、人とその他の種の全遺伝子情報をそれらの化学成分から合成し、生きた細胞の中でそれらの遺伝子情報を機能させる事が目的です。

 

The initiative generated buzz last month after an invitation-only meeting to discuss the prospect at Harvard Medical School in Boston. Its organizers aimed to keep the details under wraps until this more formal proposal was published—a move that rankled those hoping for a broader public discussion about its ethical, legal, and social implications. Some speculated that scientists would use these engineered cells to create designer humans with no genetic parents.
ボストンのハーバード・メディカル・スクールでその計画の見通しについて議論する招待限定会議が開かれた後、先月、その構想について噂が巻き起こりました。この会議の企画者達は、このより正式な提案が発表されるまで、具体的な内容は秘密にしておく事を目標にしていました。それは、倫理的、法的、そして社会への影響について公的に広く話し合うことを望む人たちをイライラさせていました。科学者達がこれらの遺伝子的に操作された細胞を使って遺伝的な両親のいないデザイナー・ヒューマンを創造するのではないかと推測する人たちもいました。

 

The new proposal makes clear that HGP-write has no such aim, the authors say. The main goal instead is to drive down the cost of engineering large stretches of DNA and testing their activity in cells. “HGP-write would push current conceptual and technical limits by orders of magnitude,” the authors write.
この新しい提案によりHGPライトはそのような目的は持っていない事が明確になっていると、著者たちは言います。その代わり、主な目標は大きなサイズのDNAを操作し、細胞の中でのDNAの活動をテストする費用を抑える事です。「HRPライトは現在の概念的かつ技術的な限界を大幅に押し上げるでしょう。」と、著者達は書いています。

 

That “learning by building” approach would put scientists’ understanding of the genome to the test, says chromosome biologist Torsten Waldminghaus of Philipp University of Marburg in Germany, who is not involved in the project. “You know all the parts needed [to make a chromosome], so you take these parts and rebuilt it,” he says. “If it’s functional, you see that you were right.”
そのプロジェクトにかかわっていないドイツのマーブルグ・フィリップ大学の染色体生物学者トステン・ワールドミングハウスは、「その『作りながら学ぶ』アプローチは科学者のゲノムの理解の真価を問うものだ」と言います。「もし、あなたが染色体を作成するために必要な全ての部品を知っていて、その部品を取り出してそれをもう一度作るとします。もし、それが機能するのなら、あなた(の理解の仕方)は正しかったということです。」と彼は言います。
ブロガー:

そして、もし科学者達が人間のゲノムを作成し、それが機能すれば、それは私たち人間が大昔、実験室で科学的に遺伝子を合成して創造された事を証明することになります。

 

それは次の疑問を投げかけます・・・

 

一体、誰が?

 

エ  ロ  ヒ  ム

 

Researchers have already constructed functioning viral and bacterial genomes, and the yeast genome project, known as Sc2.0, aims to have all 16 chromosomes—roughly 10 million base pairs—assembled by the end of next year. But a mammalian genome is a different prospect, says synthetic biologist Tom Ellis of Imperial College London, an Sc2.0 collaborator who attended the Harvard meeting. Researchers would need to choose an appropriate cell line to act as a host and then gradually swap out large chunks of its genome with the synthetic DNA. It’s not yet clear how best to physically shuttle this DNA into a mammalian cell, or how to design synthetic sequences that keep their host cell functioning normally. “How do you debug it if you’re throwing in a million bases at a time?” Ellis says. “That’s a lot of hunting.”
研究者達は、既に機能するウィルスとバクテリアのゲノムの組み立てを完了しており、Sc2.0として知られているイースト・ゲノムブロジェクトは全16個の染色体(約1000万の塩基対)を来年末までに組み立てるのが目標です。しかし、哺乳類のゲノムは違う見通しになる、とハーバード会議に参加した、Sc2.0の共同制作者のインペリアル・カレッジ・ロンドンの合成生物学者トム・エリスは言います。研究者たちは、多量の遺伝子を合成された遺伝子と徐々に交換するのに適切な宿主の細胞株を選ぶ必要があります。このDNAを物理的に哺乳類細胞の中に移動させるのにどのようにしたら一番ベストなのか、また、それらの宿主の細胞の正常な機能を維持させるように合成配列のデザインをどのようにしたら良いのかは、まだ明確になっていません。「もし一度に数百万もの配列の中に投げ込んでいるとしたら、どうやってその欠陥を探して直せばよいのでしょうか?」と、エリスは言います。

 

Those challenges were enough to give pause to a veteran of the field. “I’m kind of a conservative guy, and at first my reaction [to HGP-write] was not very enthusiastic,” says geneticist Jef Boeke of New York University’s Langone Medical Center in New York City, another Sc2.0 collaborator who eventually helped organize the Harvard meeting and is the lead author on the new paper. When Boeke met with Sc2.0 colleagues last summer to discuss their next target organism, San Francisco, California–based futurist Andrew Hessel of the software company Autodesk “sort of made this impassioned speech” for a new human genome project that would capture the public’s imagination and inspire the field around a single goal, Boeke says. As more potential collaborators got onboard, including Harvard geneticist George Church, Boeke says he “became more and more convinced that this really was a good focus.”
このような数々の挑戦は、その分野の熟練者達を躊躇させるのに十分でした。「私は幾分保守的なタイプの人間で、HGPライトに対してはあまり情熱的ではありませんでした。」と、ニューヨーク市のニューヨーク大学ラングーン・メディカル・センターの遺伝子学者のジェフ・ボウクは言います。彼はSc2.0に協力しているもう一人の人物であり、最後には、ハーヴァード会議を企画するのを助けた人です。そして、新しい論文記事の主執筆者でもあります。
ボウクが、去年の夏に、彼らの次の目標である有機体について議論するためにSc2.0の同僚達と会った時、カリフォルニア州サンフランシスコ市を拠点とするソフトウェア会社「オートデスク」の未来学者のアンドリュー・ヘッセルが、新しいヒューマン・ゲノム・プロジェクトについて幾分情熱のこもったスピーチをし、公衆の興味をかきたてて、一つの目標の周囲により活気が出てきた、とボウクは言います。より多くの潜在能力がある協力者たちが参画するに連れて、「自分たちは本当に正しい方向に注意を向けている事にますます確信を持った」と彼は言います。

 

Compared with gene editing with tools such as CRISPR/Cas9, constructing a full genome could allow more widespread manipulation, Church explains. CRISPR is already being refined to make large numbers of genetic changes to cells with increasing precision, but to recode various points throughout the genome, “it might actually be lower-cost to just synthesize the whole thing,” he says.
CRISPR/Cas9のようなツールを使った遺伝子編集と比較べて、全ゲノムを組み立てることで、広範囲に遺伝子的な操作をすることができるようになるでしょう、とチャーチは説明します。CRISPRはより正確に細胞に多くの遺伝子的な変化を起こすまでに洗練されてきましたが、ゲノム全体を通して様々なポイントを再コード化するためには、「全てを単に合成するほうが実際には低コストであるかもしれません」と、彼は言います。

 

※〔参考〕George M. Church/ジョージ・M・チャーチ

George McDonald Church(born August 28, 1954) is an Americangeneticist,molecular engineer, andchemist. As of 2015, he is Robert Winthrop Professor of Genetics atHarvard Medical Schooland Professor ofHealth Sciences and TechnologyatHarvardandMIT, and has been a founding member of theWyss Institute for Biologically Inspired Engineeringat Harvard.
ジョージ・マクドナルド・チャーチは、1954年8月28日生まれ、アメリカの遺伝学者、分子工学者、そして、科学者です。2015年より、彼はハーヴァード・メディカルスクールの遺伝子学のロバート・ウィンスロップ教授、ハーヴァードとMITのヘルス・サイエンス・アンド・テクノロジーの教授、そして、ハーヴァード大学のウィス・インティチュート・フォー・バイオロジカリー・インスパイヤード・エンジニアリングの創設メンバーであります。

 

Pilot projects
パイロットプロジェクト(試験プロジェクト)

 

The new publication describes pilot projects that might harness large-scale synthesis for human health applications. One set of examples involves “ultrasafe” human cell lines: Cells used to secrete proteins used in drug treatments could be engineered to be resistant to viruses that might contaminate the product. Or stem cells injected into a patient as therapy might be designed so that their tumor suppressor genes are less likely to mutate and cause cancer. One possible pilot project would create human cells that can tolerate a simpler and less costly culture medium by surviving without the typical amino acids and vitamins. Another would engineer a pig genome—eliminating embedded viral genes and genes encoding molecules that are immunogenic, for example—so that researchers could grow pig organs suitable for human transplant.
その新しい発表は、人間の健康利用のため、大規模合成の試みをするかもしれないパイロットブロジェクトについて説明しています。
その事例としては、「超安全な」人細胞株です。その細胞は、薬物療法で使用されるたんぱく質を分泌するために使用される細胞のことですが、その製品を汚染するかもしれないウィルスに対しての抵抗力を持つように遺伝子操作される可能性があります。
または、治療として患者の体内に注射される幹細胞が遺伝子操作され、それにより、腫瘍抑制遺伝子が突然変異して癌を誘発する傾向が弱まるようになるかもしれません。
また、典型的なアミノ酸とビタミンなしでも生存することで、より簡単でで安価な培養基に耐えうる人細胞を作るような試験的プロジェクトも考えられます。
埋め込まれたウィルス遺伝子を排除し、免疫原性のある分子をコード化する遺伝子を排除する豚のゲノムを遺伝子的に操作し、それにより、研究者たちが人へ移植可能な豚の臓器を生成できるようにするプロジェクトもあるかもしれません。

 

The paper’s 25 authors hope to launch their project this year with $100 million in funding—a figure Boeke calls “a somewhat arbitrary milestone.” At least for now, the collaborators aren’t expecting a big infusion of new federal funding. The initial sum could be pooled from existing grant funding for labs already working in genome synthesis, he says.
この論文の25人の著者たちは、今年10億ドルの資金を獲得してこのブロジェクトを開始することを期待しています。この数字のことを、「幾分自分たちの勝手な判断によるマイルストーン」とボークは言います。少なくとも、今は、協力者たちは新しい連邦政府が多額の補助金を注入するのは期待していません。最初の資金は、ゲノム合成の分野ですでに活動している研究所に対する助成金から出資される可能性が高い、と彼は言います。

 

But the mere principle of a fully synthetic human cell is problematic to some. The list of potential benefits is “not an adequate reason to take such an enormous moral step,” says Laurie Zoloth, a bioethicist at Northwestern University, Chicago, in Illinois. “I think developing the tools to make large genetic sequences is an important human goal. Creating an entirely new [human] genomes—that’s a different kind of a project.” Zoloth and synthetic biologist Drew Endy of Stanford University in Palo Alto, California, first drew attention to the May meeting when they published a critical response, arguing that these initial discussions should have been open to the broader public.
しかし、完全合成された人細胞の単なる原則はある人たちにとっては問題があるかもしれません。潜在的利益をいくら列挙してみても、それが、そのような道徳的に巨大なステップをするのに十分な理由にはならないとイリノイ州シカゴのノースウェスターン大学の生命倫理学者であるローリー・ゾロスが言います…「私が思うに、大きいサイズの遺伝子配列を作成するためのツールを開発するのは重大な人間のゴールだと思います。しかし、全く新しい人のゲノムをゼロから作るというのは、それはまた違う話になります。」ゾロスと、米国カリフォルニア州パロ・アルト市のスタンフォード大学のドリュー・エンディーは、最初5月の会議に注意を向けました。その時、彼らはその会議について批判的に感じて、これらの最初の議論は幅広く一般の人たちに公開されるべきであったと言う意見を公開しました。

 

The authors had hoped that this paper would coincide with last month’s event, Church explains, but “we didn’t really have a completed message,” when the meeting date arrived. The new proposal promises an “open and ongoing dialogue” about the ethical, legal, and social implications of the work, and suggests that a percentage of the project’s funding should go to supporting such discussions. How genetic engineering might be applied to humans is “one of these things where people keep talking about it,” Church says. “That’s good. It’s not going to happen accidentally.”
この論文は先月のイベントと一致するのを著者たちは望んでいた、とチャーチは説明し、その会議の当日になった時には、「私たちは具体的な明確なメッセージを持っていなかった」と言います。その新しい計画は、その仕事の倫理的、法的、そして、社会的な影響について開かれた継続的な対話を約束し、そのプロジェクトの資金のうち一定の割合がそのような議論を支援する事に使われるべきだと提案しています。「遺伝子工学が人間にどのように利用されるだろうか」は、人々がそのことについて会話をし続ける時に話題になる事柄の一つです。「それは良いですね。偶然にそれが起きないのですから。」と、チャーチは言います。
□翻訳終わり

この記事を読んでみて、感想といえば、人間の科学者がもうここまで来ているのか・・・ということです。

つまり、人間の細胞をゼロから作る事を真剣に話し合っている。

彼らが口にしない野心が実はあるかもしれません。それは、遺伝子学者が人間の遺伝子を研究すればするほど、人間の遺伝子が複雑で精密であり、自然進化により誕生したものではあるはずがない!ということが本当にわかっていて、彼らは人間がもしかすると科学的に設計され創造された生物かもしれないと考えているということです。
それは、人間だけではなく生命全ての遺伝子に言えることだと思います。

私が思うに、豚が人間と臓器のサイズや皮膚が非常に似ているというのは、単なる偶然ではなく、エロヒムがそのように作られたのではないかと思います。その理由は、人間の科学が生命創造が可能なレベルに近づいた時に、豚を実験材料にしてくれよ、ということだったのかもしれません。

しかし、豚の臓器を人間に移植するために実験を重ねるのなら、人間の臓器をゼロから作り、それを移植した方がずっと速いのではないでしょうか?そして、人間から採取した遺伝子を使えば、その人に合う臓器が作れると思います。

このような事が可能になったら、人間はおそらく、新しい人を科学的にゼロから創る実験を始めると思います。それは、人間が科学的に創造可能かどうかを知りたいという欲望からするものでしょうか?または、自分たちが人間の遺伝子の仕組みを研究し非常に複雑かつ精巧な遺伝子の仕組みについての理解が正しかったのかどうかを、実際に、実験室で人間を科学的に創造する事により証明したいのではないてじょうか?

それは、自分たち人間がどのようにして誕生したのかを知るためにどうしてもやらなくてはいけないことではないでしょうか。

そして、私たちの科学者が人間をゼロから作れるようになったとき、自分たち自身が大昔、科学的に遺伝子を合成して創造されたということを理解するのでしょう。

 

一体、誰によって?

エ  ロ  ヒ  ム

 

広告